ホッとちょこれーと

日々の生活の中でちょっと疲れた時にホッとできるブログを目指しています!

初の時短運動会!実際どうなの?

f:id:ayamamaka:20190524094140g:plain

今日は、長女の小学校で運動会がありました。

今年は初のお昼なしの時短運動会です。

 

時短運動会になった理由

私の住む地域では昨年くらいから、お昼を挟まない時短運動会にする小学校が多くなっています。

その理由としては、以下のことが挙げられます。

  • お弁当の準備などの負担の大きさ
  • 英語やプログラミングなど授業が増えることに対する対策

 

2年前くらいに、雨で運動会が次の週に延期になり、そこでも運動会の途中で雨が降って中断し、平日に残り競技を行うということがありました。

そこから、保護者のお弁当などの準備の負担減への声が大きくなっていったようです。

 

そして、現在も高学年では英語が入って来ていますが、2020年からは3年生からの英語とプログラミングの授業が増えるということで、授業時間の確保が問題になるわけです。


現在でも、始業式なども普通に授業があったりします。

運動会などの行事も時短にして、練習の時間を授業に回していかなければいけないということです。

 

今の小学生は大変ですね~。

ゆとり教育とかホントなんだったんでしょうね?

 

私が子供の頃は土曜日も半日授業があったので、その分平日に回るのは仕方のない部分かとは思いますが、それにしても私が子供の頃より今の小学生の学ぶことの多さ!


育児や福祉に関する学習などもあったりして、自分が小学生の時よりも4教科以外の学習内容はすごく充実していてありがたいことです。

英語やプログラミングもこれからの世の中とっても大切だと思います。

でも、小学生って大変~💦

子供のうちはたくさん遊ぶことも大切だと思うのですが、遊ぶ時間ありますか~?


さてさて、話がずれました運動会ですね!

 

時短運動会のプログラム

プログラムを見てみると、無くなった競技は

  • 開会式後の全校競技(大玉送り)
  • PTAの競技(玉入れ)

くらいのようです。

あとは、各学年ごとにやっていた団体競技が2学年一緒にやることになっています。

子供たちが出場する競技数としてはあまり変わりが無いようです。

 

実際にやってみて時短になってた部分はこんな感じです。


開始時間こんなに早かったかな?

去年の忘れましたが、30分くらい早くなってるかもしれないです。


開会式の入場や体操が簡単になってた気がします。


団体競技で走る距離が短くなってるものがありました。


運動会を終えて

時短運動会、バンザイです!

長女にとっては最後の運動会なので、そこで時短になるのはどうかな?と最初は思いましたが、子供たちの出番としては例年とそう変わりないものでした。

お弁当作りの大変さもありますが、小さいお子さんがいる家庭などは、長い時間外で競技を見て過ごすというのはとても大変なことだと思います。

いつ、どこで授乳やオムツ替えをしたらいいのかなどもありますし、長い時間じっと見ていることなど不可能です。

今日は、最高気温が29℃の予報でした。
午前中で終わったので27℃くらいですみましたが、あれ以上外にいたら死んでいたと思います!
ホントにお昼までで終わってよかったです。

お弁当などの思い出も大切にしたいという家庭は、お弁当を食べることも出来るように配慮されていました。

時短運動会にはなんの問題も感じられません!
大賛成です!

今後、もしかしたら更に競技数が減ってしまったりということもあるのかもしれませんが、とりあえず今後も時短の方向でお願いします~

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。