ホッとちょこれーと

日々の生活の中でちょっと疲れた時にホッとできるブログを目指しています!

作業療法士として療育に関わって思うこと

私が、児童発達支援、放課後等デイサービスで働くようになって4ヶ月になります。

最初は勤務時間も短く、関わる子供も少なかったのですが、自分も慣れて来て、子供たちの数も増えて来る中で、違和感を感じモヤモヤすることが増えて来ました。

今日は、自分の中でのモヤモヤを整理し、まとめてみたいと思います。

 

f:id:ayamamaka:20190527100237g:plain

 

療育ってこういうものなの?

私が働いているのは、出来て数か月の新しい児童発達支援・放課後等デイサービスです。

新しいところではありますが、他の児童発達支援、放課後等デイサービスで管理者をしていた経験のある方もいます。

私は、作業療法士ではありますが児童に関わった経験はなく、パートでもあり、完全に指導を受ける立場で働き始めました。

 

最初は自分も経験がなく、発達障害に対する知識も十分ではなく、療育ってこういうものなんだ~と思いながら指導を受けていました。

 

でも、自分の出勤日数も増え、利用する子供たちも増えていく中でこの子にもこういう関り方なの?

これでいいの?

と思うことが増えて来ました。

 

  • トイレ後の手洗い時、「紙ください」と言われてからペーパーを渡す
  • 小1の子のトイレに毎回付き添う
  • 折り紙、粘土の色は選ばせない
  • おやつ後の片づけは一人ひとり「椅子パッチンしてから、ごみ投げて、壁ペッタンしてね」と声をかける
  • トラブルが起きそうなメンバーは最初から一人ずつ分けて遊ばせる

こんな感じです。

 

「紙ください」と言えるということも大事だとは思いますが、実際の生活場面でトイレ後の手拭きで「紙ください」っていうことありますか?

小学校はもちろん、幼稚園、保育園だって自分のハンカチか自分でペーパーを取って手を拭くと思います。

大量に紙をとってしまうとか何か問題がある子には個別に対応すればいいのではないでしょうか?

 

事前に細かい指示がないと不安になってしまったり、別な行動をしてしまう子には事前の指示が必要だと思いますが、毎回のことに一人ひとり指示をする必要がありますか?

一度の指示で理解して、言われなくても行動できる子には必要ないんじゃないでしょうか?

 

折り紙をする時に好きな色を選ばせようとしたら、「選ばせないで!」「子供に主導権を握らせないで!」と怒られたことがあります。

主導権って~???

 

ルールを守ることやトラブルが起きない事も大切ですが、自分で考えて行動する事も大切だと思うのです。

その子の特性によってはある程度枠を決めて行動させることが必要な子もいると思いますが、みんな同じ対応だと出来る子も指示がないと動けない子になってしまう可能性だってあると思います。

 

私の考え方がおかしいのかな?

療育ってみんなこんな感じなのかな?

前に精神科の病院で一緒に働いていた作業療法士で、現在同じように療育で働いている人がいたので聞いてみました。

 

やはり、ルールはしっかりという部分はあり、作業療法士としてはもう少し自分で考えて行動する部分を大切にしたいという思いはあるようです。

でも、うちの事業所に比べると遊びの場面ではもう少し自由なのかな~と感じました。

 

療育にも子育てにもいろんな考え方があると思います。

どれが正しいと決められるものでもないと思います。

でも、自分が保護者だったらうちの療育には通わせたくないかな~って思ってしまいます。

 

作業療法士として思うこと

今の職場で作業療法士として求められていることは、感覚統合や個別の作業療法だったり、手先の運動になるような活動やプログラムを考えてほしいということなんだな~と感じています。

確かに、一般的にはそう思われるんだろうな~と思いますし、それも大切だと思います。

 

でも、作業療法で一番大切なのはその人(子)にとっての作業、活動の意味だと思うんです。

  • 好きな物や活動、遊びがある
  • 好きな物、事を選んだり、それを伝えることができる
  • 楽しいと思える活動、遊びがある
  • 集中できる活動、遊びがある
  • 気分転換になる活動、遊びがある
  • 活動、遊びを通して他者と関わることができる

 

まずは、子供たちが「やりたい!」と思えることが一番重要だと思うんです。

好きな色や遊びを選べるってすごいことだと思うんです。

それを自由な発想で遊びを展開させていってもいいじゃないですか。

素晴らしいことだと思います。

言われなくても自分で行動できるって素晴らしい事じゃないですか。

そこを伸ばしてあげられる療育になったらいいなと思います。

 

私もまだまだ療育について、発達障害について経験、勉強不足な面もあります。

子供たちの対応がうまく出来なくて落ち込んだり、指導されたようにしないとトラブルが起きたり、子供たちが混乱したりする部分があることもわかってきました。

ヒヤリとする場面もあったり、自分には向かないのかもな~と考えたり、最近は今の仕事を続けることに不安が強くなり、悶々としていました。

 

とりあえず続けて働いていく方向で気持ちが落ち着いて来たので、自分の経験からの意見をまとめて伝えてみたいと思っています。

少しでも、よりよい療育、職場になることを願って。

 

参考のために保護者側の意見で療育に求めることなどあれば教えていただけたら嬉しいです。

 

作業療法士として…と書いてきましたが、作業療法士ちょこの1個人の考え方で、違う考え方の作業療法士の方もいるかと思いますので、ご了承ください。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。