ホッとちょこれーと

日々の生活の中でちょっと疲れた時にホッとできるブログを目指しています!

少しずつ前に(迷いと決断の中で)

私は決断力がありません。
レストランでのメニューとかさんざん迷ったあげくに、他の人が決めたメニューに「私もそれで~」とのっかるタイプです。


でも、進学する学校、将来の仕事とかの重要な決断は自分でして来ました。
そして、一度決断したらその目標に向かってまっしぐらです。
迷いもないし、決断を後悔することもなかったように思います。


ただ、結婚には迷いがありました。
いや、結婚相手にといった方が正しいですね。
でも、結婚し子供を産みたいということには迷いがなかったから結婚したのかな~?

結婚して、すぐに分かりました。
結婚相手に感じた迷いは間違いではなかったと。


その後は、迷いと不安ばかりの生活になりました。

経済的な不安
夫に対する不安
子育ての不安


収入に見合わない、しかも私が頭金を出したマンションを手放すことも出来ないし、夫に相談しても取り合ってもくれません。


仕事も子供や家庭の事を考えて、近場で融通がきいて、給料がよくて、将来的に正職員で働けるとこ…。
自分が本当に働きたいところは条件に合わず働けません。
合わなくて辞めたり、もっといいところを求めて辞めたり、転職も多くなりました。


離婚も何度も考えましたが、子供のことを考えると簡単には出来ません。
迷った末に、「もう離婚する!実家に帰ろう!」と決断しても、親に話したら反対され、母のうつ状態が再発してしまい…。
もう、誰にも頼ることは出来ません。
経済的に、精神的に自分一人で子供たちを支えられる…そんな状況になるまで、離婚という決断は出来ないのです。


決断したくても、決断出来ないまま一人で迷い続ける日々が続きました。


そして、私は次第にうつ状態になっていったのです。


転職するたびにこれでもかってくらいの人間関係が繰り広げられ

人間不信になるような衝撃的な出来事が身近で続き

自分の人生がどんどん悪い方向に進んでいるとしか思えませんでした。


自分で決断して目標に向かって進んでいたあの頃には戻れない。

どうしてこうなってしまったんだろう。

もうどうしたらいいか分からない。

何もかも忘れてどこかへ行ってしまいたい。

でも、一人で勝手に家を出ることも出来ない。

子供がいるから死ぬことも出来ない。

ただ一人で涙を流すことしか出来ませんでした。


やっと正職員という立場で働けるようなった新しい職場に行けなくなりました。
最低な辞め方でした。
どん底でした。


その頃から始めていたはてなブログ
スターやコメントに励まされて、私は少しずつ元気になって行きました。


2か月仕事をせずに休んでから、パートを始めました。
その時の私の目標は「短時間のパートでいいから継続する」でした。
ずいぶん低い目標になってしまいました。
すっかり働くことにも自信を無くしてましたから仕方のない事です。


短時間のパートからスタートして、少しずつ時間は伸びて行きましたが大丈夫です。
「楽しい」と感じられるし、「もっと勉強したい」という意欲も出てきました。
薬も飲まなくなりましたが、大丈夫です。
どんどん元気になりました。

完全復活!
正職員で働けるように頑張るぞー!


そう思っていた矢先、この1か月くらい少しずつまた不安感に襲われるようになりました。
またか・・・。
私はもう続けて働いて行くことは出来ないのか・・・。


職場に対する不安。
自分がこのまま働いていけるか、適性がないのではという不安。
www.choco-happy.work


世の中に対する不安。
私だけじゃない、多くの人がこの不安定な社会の中で経済的に、精神的に苦しんでいる。
科学技術の進歩や少子高齢化、変化のスピードが速すぎてこれからの世の中に対応していけるのか。
子供たちをどう育て、導いて行けばいいんだろう。


毎日のように起こる事件、事故。
単なるテレビの中の出来事じゃない、いつ自分や子供たちの身に起こってもおかしくないのだ。
www.choco-happy.work



悶々とする日々を過ごす中で、少しずつ自分の気持ちが整理出来てきました。

私は作業療法士です。

作業療法は、人々の健康や幸福を促進するために行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助のことです。

そうです。
私の仕事は、人々の健康や幸福を促進する専門職なのです。


精神科で長く働いていた経験、今発達支援で働いている事。
自分も精神的に病んでしまった事。
ブログで色んな人がいて、いろんな考えがあるのを知った事。


そんな経験を生かして、もっとたくさんの人の健康や幸福に関わって行きたい。

精神障害者の生活支援、就労支援をしていきたいという思いはずっとありましたが、障害者に係わらず、精神的につらい思いをしている人、学校や職場に適応できなくて困っている人の支援もして行きたい。

まだ漠然とはしていますが、大きな目標ができました。

まずは、自分の子供たちと現在関わっている療育の子供たちが健康で幸福な人生を送って行けるように支援することです。

迷っている場合ではありません。
支援すべき子供たちは目の前にいるんです。



目標に向かって、少しずつ自分で決断して前に進んでいこう。

f:id:ayamamaka:20190825152957g:plain

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム