ホッとちょこれーと

日々の生活の中でちょっと疲れた時にホッとできるブログを目指しています!

ADHD傾向のある人の仕事について

先日、自分がADHDの傾向があるという記事を書きましたが、今回はADHDの仕事について自分の場合と照らし合わせながら考えてみたいと思います。

  

www.choco-happy.work

 

 

ADHDの人に向いている仕事と向いていない仕事

ADHDの人は、長時間の集中が必要な仕事や、計画性が重要な仕事、単調な流れ作業などはあまり得意ではないかもしれません。一方で、行動力や発想力に優れた面があるため、そうしたひらめきが求められる職種には適性がある可能性があります。

 

向いている仕事:起業家、営業職、プロデューサー、音楽家、ゲームソフトやコンピューターソフトの制作・開発、その他クリエイターなど

 

向いていない仕事:乗り物の運転士、事務職、経理職、検品作業、校正作業など

 

注) ADHDの人すべてに当てはまるわけではなく、個人差があります。

 引用:大人のためのADHDco.jp

  

私の得意、不得意

すっごいわかります!

もう、その通り!!!

 

学生時代は暗記科目(歴史など)はまったくダメでしたが、特にどんな仕事が向いてるかとかあまり考えたことがなかったし、何が苦手なのかあまりわかってなかった気がします。

 

今では、本当に事務とか経理とかそんな仕事についてなくてよかったな~としみじみ思います。

 

車の運転も苦手だし、料理も苦手です。

 適当に味見しながらしか料理できません。

レシピを見たとしても、これを入れればいいのね~と分量ははからずに作ってしまい、夫や子供に残念がられます。

 

 あと、映画も苦手です。

集中してないと内容が理解できなくて2時間も持ちません。

 

電気製品とかも難しいのは苦手です。

パソコンも苦手です。

ブログは楽しいですが、難しいことはわかりません。

 

向いている方としては、行動力はあまりないような気がするけれど、発想力は確かにあるかもしれません。

 

仕事でレクリエーションをしたりする機会が多いですが、楽しいレクを思いつき、やってみるのが好きです!

たまに「え?」って内容になったり、ツメが甘くてその場で慌てながら進めることも多いですが・・・。 

 

f:id:ayamamaka:20190330082400g:plain

 

私と仕事

向いてるか向いてないかわからずに作業療法士になりましたが、自分には合っていたと思います。

最初は、理学療法士を考えていましたが、私には理学療法士は向かないと思います。

 

骨や筋肉の名前などがあまり覚えられず、実習などで経験が無いのもあって特に整形疾患のリハには苦手意識があります。

 

精神や発達、脳の仕組みなどに対しては興味が尽きず、勉強が楽しいです。

私は、答えがはっきりしている事よりも、答えのはっきりしない事をじっくり考えるのが好きなようです。

 

そういう意味でも、理学療法士や身体障害分野ではなく、精神や発達分野の作業療法が自分に合っていると感じます。

 

パッと決断して実行するよりも、じっくり対象者の方のことを考えながら、関わっていける精神科のゆったりした雰囲気がとても好きです。(そうでないところもありますが・・・)

 

そして、ちょっと抜けている私。

安心する、癒されるなどと言っていただけることもあり、精神科ではありがたがられました。

そんな私なので、患者さんの方が教えてくれたり、自分から行動するようになったりと自分の特性が、作業療法をする上で良い方向に作用することも多く感じられました。

 

部門の責任者になったこともありますが、勝手に部下が成長して部門を拡大してくれました。

私は、人員増の要望を出したくらいです。

 

 

ADHD傾向とは関係ないかもしれないですが、人と関わることが苦手で、変わりたいと思って人と関わる職種を選びました。

 

実習先の先生や最初の職場の上司との出会いがあって、自信のなかった私が「そのままでいいんだ 」と思えるようになったことも大きかったです。

 

作業療法士として精神科の患者さんと関わったり、職場の人達と関わったりする中で、人と関わることが好きになりました。

人前で話すことにも慣れました。

  

精神科では、見守りながら支える感じでしたが、発達の分野ではもう少しこちらから導いていく部分が必要なので、自分の傾向から気をつける部分を意識しながら働いていきたいと思っています。

 

まとめ

自分の話になってしまいましたが、自分の特性を知って、自分に合った仕事をすることで、ADHDの傾向を生かして働くこともできると思います。

一般の就労が難しい場合は就労支援などを利用することもできます。

就労支援についてもいつか書きたいと思います。

書きたいと言って書けていない記事がいくつか・・・期待しないで待っててくださ~い